マツシタホーム

鹿行地域で過去 10 年間の住宅着工実績 No.1

「人・モノ・こころ」を結ぶデザイン

外観デザインへのこだわり

日本の家の普遍的な美しさを現代の街並みに
だから、焼きもの文化を受け継ぐ陶器瓦とタイルの外壁にこだわりました
時を経ても、強く、美しい
新しい「日本の家」

外観デザインへのこだわり

時を経ても変わることのない普遍的な美
新しい日本の家を造る

かつて日本には美しい家並みがありました。今でも、京都、金沢、倉敷など各地に残る、和瓦、土壁、板張りの家々です。これらの住宅デザインは、その土地の気候風土や歴史、風習から生まれたもの。景観自体が、日本文化のひとつといえるでしょう。一方、現代の住宅は、ライフスタイルの欧米化や住宅メーカーの台頭により、工法やデザインが多様化。個人の意思が前面に出た家々が軒を連ね、街並みも一変しました。そうした中、わたしたちはもう一度、文化と呼べる美しい住まいを、お客様と一緒につくっていきたいと考えます。現代の住宅に求められる耐震や防火性能を確保しながら、時を経ても変わることのない普遍的な美しさを持つ新しい家づくりを目指します。

伝統的な焼きもの文化を受け継ぐ、
陶器瓦と陶器タイルの外観

マツシタホームの考える住宅デザインには「美しく上質感があり、人の心を満足させる」というコンセプトがあります。そのデザインは、個々の家のみで完結するのではなく、周辺環境との調和により街並みの価値を高めるもの。後世に残す社会的資産となる住宅の創造を可能にするものです。そのため、長期耐用性やメンテナンス性が高いことなども、デザインの重要な要素となります。これらのコンセプトから生まれた外観デザインが、『陶器瓦の屋根』と『陶器タイルの外壁』。日本の焼きもの文化につながる用と美を兼ね備えた素材は、日本の気候や家並みに適応し、メンテナンスの手間やコストの軽減を実現します。もちろん、用いる素材によって、自由なプランニングが制限されることはありません。マツシタホームでは、この陶器瓦とタイルを用いた外観デザインに多彩なバリエーションを用意することで、お客様の好みが反映され、かつ周辺の街並みと調和する家を提案します。

Japanese Modern
光庭を囲む家
Japanese Modern
二人の「和」を愉しむ家
Japanese Modern
茶室のある入母屋の家
Japanese Modern
水庭のある格子の家
North American taste
Early American House
British taste
フラワーバルコニーのある家
north European taste
屋根裏を活かす家
southern European taste
インナーパティオのある家
urban Modern
Garage - Box
natural Modern
プライベート映画館を持つ家
natural Modern
大空間・2Fリビングの家
urban Modern
五層構造の家